MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 腱板損傷の治療法

腱板損傷の治療法

2015.05.14 | Category: 未分類

こんばんは。たくみ整骨院です。

 

昨日に引き続き、今日は「腱板損傷の治療法」をご紹介します。

 

まず大前提に、治療の目的は“痛みがなくなること”、“肩の不自由をなくすこと”です。

 

腱板損傷の治療法にはいくつかの方法がありますが、

 

たくみ整骨院では保存療法(手術をしない治療)を中心に行なっております。

 

主に、徐痛と炎症を抑えるためにアイシングを行い、損傷部の治癒を早める目的で超音波治療や

 

低周波治療を行っていきます。

 

炎症が治まってきたら、関節の可動域が狭くならないように、

 

温熱療法やストレッチ、マッサージを行なっていきます。

 

また、再発予防の為、肩の損傷した筋腱を使わずに他の筋の強化もしていきます。

 

強化方法はチューブや徒手による軽い抵抗、あるいは無抵抗で

 

肩の外旋や外転(肩や肘を動かす動作)などを行い筋力アップを図ります。

 

しかし、腱板の完全断裂やこれらの保存療法で改善がみられない場合、陳旧性のものや長期にわたり

 

夜間痛が持続するもの、筋萎縮、脱力、拘縮などが出現したものは

 

手術を検討することになります。

 

手術はなるべくなら避けたいものです。そのためにも早期発見・早期治療がとても大事ですので、

 

肩に痛みが出た場合はお早めに、たくみ整骨院に受診しにきてください。

当院へのアクセス情報

所在地〒950-0915 新潟県新潟市中央区鐙西2-11-10
駐車場4台あり
電話番号025-250-0588
予約お電話でのご予約が可能です
休診日木曜、土曜の午後
日曜・祝日

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。