MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 腱板損傷

腱板損傷

2015.05.13 | Category: 未分類

こんばんは。たくみ整骨院です。
 

当院では、スポーツをされている方が多く来院されるので、
 

肩の腱板損傷をされている方も多く診てきました。
 

「肩があがりにくい」、「肩は上げれるが上げると痛む」、「腕を真横の位置で保持できない」
 

といった場合はもしかしたら、「腱板損傷」かもしれません。
 

腱板損傷とは肩の深部にある回旋筋腱板がなんらかの原因で損傷したものをいいます。
 

腱板の構成は棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つです。

 

最も損傷しやすいのは、棘上筋腱といわれておりますが、

 

最近では、棘下筋が多いとされています。

 

腱板損傷は急性タイプと慢性タイプに分けられ、

 

急性タイプは、ラグビーなどのコンタクトスポーツや、スキーなど転倒しやすい競技でよく発生し、

 

慢性タイプは、腕を高い位置から振り下ろす競技、野球、バレーボール、テニス、バドミントンなどの選手によく見られます。

 

また、腱板損傷は五十肩の症状と似ており、誤診されやすいと言われております。

 

しかし、たくみ整骨院では多くの腱板損傷を診てきたため、しっかりとした診断が可能です。

 

明日は、腱板損傷の治療について書いていきます。

当院へのアクセス情報

所在地〒950-0915 新潟県新潟市中央区鐙西2-11-10
駐車場4台あり
電話番号025-250-0588
予約お電話でのご予約が可能です
休診日木曜、土曜の午後
日曜・祝日

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。